出会いはマッチングサービスを利用すれば効率的に

データ上で理想の相手が見つかってもリアルでも相性がよいとは限りません

社会人になると出会いの場を探すこと自体が面倒になってしまう人は多いデータ上で理想の相手が見つかってもリアルでも相性がよいとは限りませんポジティブな気持ちで恋活や婚活をすることが成功率を高める秘訣

ただデータ上で理想の相手が見つかっても、リアルでも相性がよいとは限りません。
最近のデータマッチングは精度が向上していますが、最後は自分で相手と出会って確認するしかないです。
データでは相性が普通でも、会ったら最高だったという話は少なくありません。
逆にデータでは相性が最高でも、出会ってみたらイマイチ合わないというケースもあります。
マッチングサービスは大いに役立ちますが、過信をしないことが大切になります。
あまりにデータに依存しすぎると、内面を見極めることがおろそかになるからです。
相手と恋愛するにしても結婚するにしても、一緒にいてストレスが溜まらないことが何よりも重要です。
互いにストレスが溜まるような関係だと、愛も覚めてしまうでしょう。
逆に一緒にいて楽しいと思える相手なら、何度でも会いたいと思えるでしょう。
この楽しいという感覚は非常に大切で、特に結婚を意識している人は重要なポイントになります。
ずっと一緒にいることを考えると、相手が高収入だけでは持ちません。
結婚生活ではお金が必須となるのは間違いありませんが、お金があれば幸せというわけではないでしょう。
確かに一人暮らしならお金はあればあるほどよいのは間違いありません。
しかし夫婦で生活するとなれば、お金がどんなにあっても嫌いな人と毎日一緒にいるのは苦痛を感じるはずです。
最終的に相手との相性や居心地が大切になってきますので、価値観は無視できないのです。

マッチングアプリをインストールして出会いを求めようか求めまいか迷った挙句寝てしまった男 pic.twitter.com/MS1HMwxaNT

— はじめしゃちょー(hajime) (@hajimesyacho) 2019年7月3日